- コラム -

/ リンクサイト

<院長のブログ>

(写真:PGRカップ予選での姿)

 

< ゴルフブーム >

コロナに揺れる現在だが、じつは空前のゴルフブームになっているらしい。

ステイホームで家の中に閉じ込められる日々、外で人と比較的安全にコミュニケーションをはかれるスポーツの代表がゴルフと言うことらしいのである。事実、会社関係における接待や宴会が無くなりつつある今、唯一、接待交際として胸を張って相手先と接触しながら一日、親睦を深めるにはゴルフがもってこいなのだそうだ。

私は仕事柄、室内で多くの時間を過ごすため、独学でゴルフを始めて以来、だいぶ経つが、やはり、アウトドアで歩くのは快適だし、適度に身体を動かし、リフレッシュできるスポーツの中でゴルフがもっともケガや事故の心配の少ないものだからである。昨年は、腰痛でしばらくお休みしたが、この夏から競技に少しづつ復帰しようかと考えて練習している。つい最近もラウンドしたが、ブームと言って良いほどゴルフ場は混雑していた。とくに若い人たちを多く見かけた。

今の若者は、クルマ離れ、ゴルフ離れというが、いやいや、かなり本格的にゴルフ人口は増えているように思う。ただし、ゴルフ場へのアクセスを電車と送迎バスとか、レンタカーで乗り合いとか、今までのバブル的なゴルフスタイルとは変わってきているし、実際、プレーをみていると若い人たちのほうが、高齢者のパーティーより、きびきび動くし移動も素早い。威張った高齢のベテランゴルファーが悠々と後続の人などお構いなしにスロープレーしている姿を見るにつけ、スポーツとしてのゴルフが最近では見直されつつあるのかなと嬉しくなる。

日本人として初のマスターズチャンピオンとなった松山選手の影響は計り知れなく大きかったのかも知れない。