- コラム -

/ リンクサイト

<院長のブログ>

(沢辺の蛍、末富、調製)

 

<茶・一服>

京都ではほとんどの人が何らかの形で茶に関わって暮らしているといいます。ですから、私がもつ茶への思いは誤解されることが多くて………

栄西が日本に茶を伝えて以来、京都は茶というものを嗜み、政治、娯楽、稽古事につかってきた歴史があります。茶といっても抹茶、お湯で茶筅で点てるものが彼らの言う茶です。

京都で診療室を始めた頃、随分、茶道を習わないかとお誘いを受けました。ありがたい気持ちでいっぱいでしたが、何故か私の中ではいつも茶というものが、もっとシンプルなものではないだろうかという疑問を払拭出来ずにいました。そんな頃、大徳寺のある塔頭の住職が「お茶を差し上げるからいらっしゃい」と声をかけてくださいました。畳に座り、庭を眺めながら住職の点てた一服の茶。そして、添えられた生菓子ひとつ。私はその時、初めて自分が抱いていた茶道というものへの疑問が消えたような気がしました。

茶の原点は「喫茶」といわれています。後世の人々がこのひとときを自分たちの都合良く解釈しながら、後付けるように一連の所作を作っていったのだと理解できました。それは、千利休であり、利休を「神」と崇め奉る一般庶民や豪商たちでした。ときの権力者、織田信長は、茶にまつわる道具や茶会が政治的なツールとして役立つと考えて千利休と連携して大いに推奨したのでした。論功行賞として、一国と同じ価値があると信長が言えば、そうだったのでしょう。こぞって、道具や茶にまつわるものをほしがった戦国武将たちが愚かでもあり、いじらしくもあり、そして哀れでもあったように感じます。

いずれにせよ、そうした人心掌握や政治的運用としての茶は江戸時代を経てなお、いまも日本人の「心」からは少し離れたところに権威としての地位を築きながら「お稽古ごと」という形で一般大衆に浸透しています。和の文化に触れる機会としては、茶が最も簡単に手っ取り早く入っていけることも大きいのでしょう。こんなことを言うと、「あんた、よほど茶が嫌いなんか?」と言われるのですが、そうではありません。所作や道具にどんな理屈を付けて飾ることより、茶の持つ「一服」の深さや味わい、ひとときの間というものもののほうが遙かに私には感じるものがあるだけです。

戦国時代の武将たちは、狭い茶室で一服の茶をいただいた数時間のちに命を落とすのが日常でした。彼らにとっては、茶は鎮静のひとときでした。ここが判らないまま、お道具が、茶器が、お軸が、などと語られても私には何も響かなかったのです。その住職の素朴な一服の茶が私の茶なのです。何も語らなくとも良い。ただ、静かに時の間を茶の味わいで満たすのが原点であり、至福なのだと私は今も信じています。そこに四季折々を写す菓子があれば、なお結構です(笑)